近所に、とても風情のある竹林があった。
ある日、看板が立てられ、「カフェ」ができる、と書かれていた。
半月後、竹林は根こそぎ伐採されてしまった。
色々と事情があったとは思うのだが、こ洒落たカフェなんかよりは、竹林の小道の方がよかったよなあ、と鎮魂の意を込めて、絵を作成。