「和風展」の参加賞で出した、「船車」が扉絵。

川岸に係留した、船型の水車小屋である。自走はしない。
ブログにも書いたが、川合玉堂画伯はこの船車を好んで画題にしたようで、四季折々の風景を描いている。

大正時代までには姿を消したらしいが、船車一艘は畑一反といわれるほど価値があったようだ。
参加賞で作成した船車は、玉堂描く船車を参考にしているが、荒川流域で使われていたものは多少形状が違うようだ。

さいたま川の博物館のパンフレットから



川博の実物展示案内

荒川の船車は、左右非対称で、川岸に固定することを想定しているようだ。

リファレンス
 たましん地域文化財団編 多摩のあゆみ114号「多摩川の舟車 -『御嶽菅笠一石山紀行』と『武野奇賞』そして『行く春屏風』」
 同               多摩のあゆみ115号「武蔵野の水車」
 埼玉県立川の博物館   http://www.river-museum.jp/
 その他水車関係解説書籍