芝の愛宕神社、「出世の石段」なる男坂を登った上にそびえる仁王門は、今はない。代わりに「一の鳥居」が建っている。
女坂との分岐にあった役行者堂も、明治以降はなくなって、石灯篭に置き換えられている。
絵は、正月三日にあった神事というか奇祭の「毘沙門の使い」を描いているのだが、小さすぎてとてもわからない(泣
↓がレンダリングした原寸の部分。

江戸名所図会によれば、「裏白や御幣、橙や昆布などの正月の景物を飾ったざるをかぶり、大太刀を佩いてすりこぎを差し添え、大しゃもじをついた」男が、石段下にあった別当寺の円福寺に押しかけ、居並ぶ客に飯を強いる神事だそうだ。
広重もこの光景を愛宕山の絵で何回か描いている。名所図会の説明では、男は山上の茶屋の主がつとめることになっており、服装は麻裃だそうだが、広重の絵では素襖を着用しているように見える。時代によって変遷があったのだろうか。

「名所江戸百景」より

また、広重の絵では江戸湾を背にして、仁王門に登ってきた、颯爽とした姿を描いているが、実際は上に述べたように神使は男坂を「下る」。
帰りを描いたものだということもできるが、下るだけでも、結構膝がくがくになりそうだし、茶屋の主は年もいってそうだから、帰路は男坂は登らないんではなかろうか。

さて、マイペースでのらりくらりと更新も滞りながら続けてきたサイトも、なんと15年以上にもなっている。
ここらで心機一転、目を見張るようなすばらしいものに…と、夢だけはあるものの、諸般の事情で(主として本人の力不足です、はい)、ままならない。
まあ、細く長く続けていかれればいいなあ、と。

今年もよろしくお願いいたします。